特価品伝道者 タイトル画像

【レビュー】インド映画「きっと、うまくいく」、名作だが致命的な問題点あり

先日、インド映画の「きっと、うまくいく」を見ました。工学系の大学を舞台にした、笑いあり涙ありインド舞踊あり、盛りだくさんの名作です。主演は超絶イケメンのアーミル・カーン。

3時間近い長編作品ですが飽きずに楽しく見られました。ただ、非常に気になる点が一点ありました。続きにてレビュー。ネタバレあり。

※画像はAmazonビデオの広告。プライム会員なら無料で視聴できます。

人気ブログランキング


スポンサーリンク

投稿日時:2018/7/24(火)18:17 【コメント(4)】 トーキング伝道

「きっと、うまくいく」あらすじ

日の出の勢いで躍進するインドの未来を担うエリート軍団を輩出する、超難関理系大学ICE。エンジニアを目指す天才が競い合うキャンパスで、型破りな自由人のランチョー、機械より動物好きなファルハーン、なんでも神頼みの苦学生ラジューの“三バカトリオ”が、鬼学長を激怒させ、珍騒動を巻き起こす。

抱腹絶倒の学園コメディに見せつつ、行方不明のランチョーを探すミステリー仕立ての“10年後”が同時進行。根底に流れるのは学歴競争。

加熱するインドの教育問題に一石を投じ、真に“今を生きる”ことを問いかける万国普遍のテーマ。

斜体部引用:きっと、うまくいく(字幕版) Amazonビデオ

パッと見の感想

インド映画を見るのは初めてでしたが、最初から最後まで楽しく見れました。他国の映画ではあまりない、随所に挟まれるダンスシーンも自然な流れではじまるので違和感はなかったです。

世界でヒットするように、しっかり研究して、計算して作ってるんだな、と思いました。

世間でも、評価はかなり高い作品のようで、批判的な意見はあまり見受けられません。ハッピーエンド過ぎる、という声は多少ありますが、そこは好みでしょう。

※以下ネタバレ注意。

ちょっと気になる点

ハッピーエンド過ぎるのは別に良いのですが、大学卒業後、ランチョーが行方をくらまし続けた理由がわかりません。話の流れに無理を感じました。

卒業直後は依頼者からの指示だったのかもしれませんが、ヒロインを例の約束の日までほったらかしにしていたのは疑問が残ります。彼女にそこまでの思い入れは無かったということでしょうか。

小間使いの少年とだけ交友を続けていたのも変な感じです。

あとアーミル・カーンが白人的なイケメン過ぎるのも気になりました。インド映画なんだから、もうちょっと色黒で、いかにもインド人っぽい俳優が見たかったですね。

ただ、この辺は別にいいです。細かい事をとやかく言うのは野暮な映画だとも思います。大事なのは次です。

非常に気になる点

本作では、邦題にもなった「アーイーゼー(きっと、うまくいく)」がキーワードとして繰り返し言葉に出されますが、もう一つのキーワードとして「ゴーカン」という言葉も繰り返し使われます。

管理人は一人で見たので、当初はあまり気になりませんでした。しかし、しばらくして、女性はこれをどう思うのだろうと、という疑問が沸き起こりました。きっと不快に感じる方が多いでしょう。

作中、この言葉がかなり軽々しく、冗談めかして使われます。日本映画、アメリカ映画ならば、使わざるを得ない場合にのみ、慎重に使う言葉だと思います。

学歴問題は必要十分に描けていると思いますが、その一方で、女性の人権問題に対する配慮が疎かになってます。優秀なスタッフが多く集まってるはずなのに、誰も声をあげなかったのでしょうか。

結論、お勧めできない映画

出産シーンからのウィルス学長との和解、サイレンサーを交えてのほのぼのエンディングなど心に残るシーンはたくさんあったので、視聴直後は良い映画だったと感動していました。

しかし見終えてしばらくすると、例の言葉をついつい思い出してしまいます。そして言葉の意味を考えると、彼らのドラマが全て嘘だったように思えてきます。

一見、皆が良い人のフリをしてるけど、中身は女性蔑視してる人の集まり、という感覚です。時間が経つにつれ、自分の中の評価が下がっていく映画というのも珍しいです。

ということで、あまり人には勧めない方が良い映画だと思ってます。特に女性には。

※別にインド人という人種がどうこうという話ではないので誤解なさらぬようお願いします。ココイチのカレーとかよく食べます。あくまで、映画に配慮が欠けてましたよ、ということです。

以下はAmazonビデオの広告。記事投稿時点の情報です。







この記事へのコメント
1. Posted by 名無しさん   2020年01月25日 12:41
2 「ゴーカン」というセリフに不快感を覚えているようですが、翻訳前の原作ではその「ゴーカン」がなんと言われていたかはお調べになったのですか?
あくまでこの「ゴーカン」は日本語字幕を担当された、いとうせいこう氏のセンスで選んだワードであって、原作スタッフまでひっくるめて批判するのはいささか的外れだと思われます。
それに映画を見たならこの映画が決して女性を蔑視する目的で作られたわけでは無いことが分かるはず。
走馬看花という熟語がありますが、物事の表面だけ見て騒ぎ立て、捉えるべき本質を見れていないことは大変浅はかですよ。
ゴーカンという言葉自体は、良くないものですし嫌悪される気持ちも分かります。
ですが、「配慮が欠けている。」という「お気持ち」を察していたら何も出来なくなってしまいます。
配慮が欠けていると言うなら、チャトルに対してのサイレンサーという呼び名も、胃腸が悪くおならが止まらない様な病気の人達への配慮が欠けていると言えませんか?

最後に貶してしまったインドをヨイショする目的か、ココイチのカレーとかよく食べますと書かれていますがその文脈もよく分かりません。
ココイチのカレーは日本風ないしは欧風カレーであってあなたのインド文化への理解を表せてはいません。
2. Posted by よ   2020年05月13日 23:21
2 アーイーゼーという表現に疑問を覚えました、今作ではオールイズウェル(All is well)、映画でのアーリィズウェルと言った感じでした、初めて見た方が勘違いするのでよくわかっていないなら書かないでもらいたいです



3. Posted by 666   2020年05月23日 17:57
ゴーカンに関しては家族と見たので気まずい雰囲気にこそなりましたけどしょせん下ネタですので大丈夫ですよ!
あとアールイズウェルだと思います
4. Posted by 名無し   2020年06月25日 04:48
えぇ…アーイーゼーって本気で言ってるならヤバいですよ。
本気で言っているからゴーカンについても文字通り受け取って調べてないんでしょうけど。
ゴーカンはヒンディー語の奇跡と強姦が、発音が似ていることに基づくジョークです。
インド人が耳で聞いて笑うのと、表意文字の漢字の字幕を読んで理解する日本人が笑うのとでは状況があまりに違う。言葉が分かる人なら説明なしに伝わるジョーク。インド人が常日頃から強姦を冗談にして大笑い、というようなイメージはあてはまらりません。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

管理人プロフィール
管理人:電々伝助
(でんでん でんすけ)
管理人 イメージ画像

ネット通販に人生をささげた男、伝助です(情熱大陸風)。

ネット通販の本当に安いお買い得品、たまにある祭り情報を、この特価ブログで素早くお知らせします。アクセス数に関しても、ネットに張り付いている時間も間違いなく業界トップクラスです。

専業ブロガー(プロブロガー)なので、情報の精度にも自信はあります。しかし、稀に見当違いの情報を出してしまうこともあるので、ご利用は自己責任でお願いします。キワドイ案件に関しては記事に「自己責任」の文字を含めます。

当ブログはリンクフリーです。また、文章そのままの転載はご遠慮ください。


ご連絡はコチラ
png
ショップの方へ

各位卖家好,
本人因为事务繁忙,
所以大多数邮件无法回复,
还请各位见谅.

ショップの方へ。
伝助はとても忙しいです。
メールに返事が出せないことが多いですが、何卒ご容赦ください m(_ _)m

極秘クーポンの玉手箱やぁ
宝箱
記事検索
月別アーカイブ
リンク集
トクモリ・ドットコム バナー


Copyright (C) 2011-2020 激安速報 特価品伝道者 All Rights Reserved.